留学情報は留学情報ナビ

留学情報ナビ

留学の基本情報や留学エージェントの比較など。
留学ナビは、留学を考える人のための情報ポータルです。

Search Agent
  • 簡単、無料資料請求
  • エージェント一覧から探す
台湾留学概要


台湾概要
台湾は、日本の南西に位置する九州と同程度の大きさを持つ島国で、沖縄とほぼ同緯度にある温暖な気候の国である。特に南部は冬季を除けば気温が30度を超えることが多い。日本のようなはっきりとした四季はないが、四季の時期は日本とほぼ同様である。年間平均気温は、平地部と山岳地帯では大きな差があるが、平地部では22〜23度と温暖な気候である。

親日の国民も多く、日本人だというだけであれこれ助けてくれることも多い。治安は日本ほどではないにしろ、他のアジアの国々と比較すれば雲泥の差があると言える。食文化も発達していて、廉価で様々な料理を堪能できる。澎湖島と綠島では沖縄に比肩する美しいビーチを楽しむことができる。

主な都市は台北、台中、台南、高雄

台湾のビザ情報

【台湾ビザ情報】
日本国民であれば、30日以内の滞在であれば、ビザは不要です。

【V-VISA】
31日以上60日以内の滞在の場合は、短期滞在ビザを事前に取得する必要があります。必要なものは下記の通りです。
●パスポート
●写真2枚(撮影3ヶ月以内のもの、縦4.5cm X 横3.5cm) ※沖縄県居住者3枚
●予約済みの往復航空券か乗船券、または便名を記載した航空券か乗船券の領収書
●申請費用4,400円(マルチビザは8,800円)
●申請用紙1枚 ※沖縄県居住者は2枚

【R-VISA】
居留証、Resident-VISAとも言う 居留証はV-VISAの有効期限が切れそうになり、しかしそれ以上の滞在希望を望んでいる人は居留証を取る。V-VISAでは最高180日の滞在が許可されているが、それ以上の滞在者には居留証の取得をすすめる。R-VISAには現地人の連絡先も記入しなければならないのでそれも注意。

◆外交部領事事務局
台北市済南路一段2-2号3楼 中央ビル
電話:02-2343-2888、02-2343-2808,02-2343-2807
外交部に10〜14日間程度パスポートを預け、指定された日にまた取りに来る。そして係りのひとが警察局なり、R-VISAのカード発行場所を指定しますので、その場所に行き、居留証カードを発行してもらう。

警察局に行く
1.(留学生であれば)在学証明書、出席証明書
2.写真4枚(同様の写真)
3.パスポート
4.費用(NT㌦1000元)
即日に発行してくれることはあまり無いので、再度行き、カードをもらい、それにて終了。居留ビザで入国し、居留している外国人は、入国して15日以内に、外国人居留証へ書き換えなければならない。

【日本でVISAが取得できる場所】
◆台北駐在経済文化代表処
東京都港区白金台5-20-2
TEL(03)3280-7800

◆台北駐在大阪経済文化辧事処
大阪市西区土佐堀1-4-8日栄ビル4階
TEL(06)443-8484

◆台北駐大阪経済文化辧事処福岡分処
福岡市中央区桜坂3-12-42
TEL(092)734-2810

日本では上記の場所でとれる。また沖縄は琉球経済文化協会でも取得できる。V-VISA取得料は4,000円、とくに問題なければ即日で取得できる。必要なものは 写真一枚、旅券(有効期限が6ヶ月以上)、航空券(往復チケットである事)

台北駐日経済文化代表處
※ビザに関する手続きの内容は、変更される場合がございますので、必ず大使館にご確認ください。

  • 簡単、無料資料請求
  • エージェント一覧から探す

Copyright© All Rights reserved