留学情報は留学情報ナビ

留学情報ナビ

留学の基本情報や留学エージェントの比較など。
留学ナビは、留学を考える人のための情報ポータルです。

Search Agent
  • 簡単、無料資料請求
幼少期から学ぶ英語

幼少期から学ぶ英語
パソコンの普及のおかげで、観るだけの一方通行の教育方法だったビデオ教材が、能動的に学習できるスタイルに変容しつつあります。
子ども自身が能動的に自学自習できる「ソフトウェア教材」が増えてきています。

楽しみながら学べる
ゲーム感覚で楽しめるソフトウェア教材が多くあり、子供が自ら率先して学べます!
英語教室に通うように、実際に先生や同級生達と同じ空間で学ぶことはできませんが、音声付でしゃべってくれて、音声認識が付いているソフトウェアは子どもが自ら発音して発音練習まですることができます。

無理無く続けられる通信教育制度
ゲーム感覚で夢中になってしまうような面白い英語教材でも、同じものを何回もやっていたら子供だって飽きてしまいますよね。
ソフトウェア教材の多くは通信教育制度になっていて飽きた頃に新しい教材に変わるので無理なく長続きが可能です。

パソコンのスキルも一緒にアップ!
パソコンでの英語教材のメリットのもう一つは語学だけじゃなくパソコンも学べること。
ゲーム感覚で遊んでいるうちに知らず知らずパソコンの扱い方も上手くなっていきます。
無理なく能動的に学べる環境が子供の能力を伸ばす良い方法です。

テレビで英語教育
テレビの英語番組なら教材にお金を掛けなくても手軽に学ぶことができます。
ソフトウェア教材のように好きな時間に好きなだけ学べませんが、キャラクターやゲームなどが盛りだくさんで大人が見ても楽しい番組が多くあります。
教材を買う前に、子供がどんな教育方法を好むか、色んなテレビ番組を見てその子に合った教材を買うのが良いかもしれませんね。

インターナショナルスクールに通う
英語で保育するプリスクール(幼稚園・保育園)やインターナショナルスクールに通うと英語の環境で子供を育てることができます。
友達の幅も増えて自然に英語を身につけることができる良い環境に巡りあえます。
インターナショナルスクールと一言で言っても、種類や形態は様々。
子供をどの学校に行かせたいかちゃんと考えましょう!
「インターナショナルスクールとは」はこちら

  • 簡単、無料資料請求

Copyright© All Rights reserved